燃油サーチャージ撤廃だけど。。。(2020/6/1~)

NH151/152 機内食 2010/Nov. Y

inspiration of japanが導入されてから初めて乗ったシンガポール線。
今回はしかも羽田発着便を使用したことにより、往復とも夜行便でした。
 
まずはNH151
羽田を23:30出発というスケジュール。
C滑走路(16L)を離陸後、ドリンクサービスがありました。
イメージ 1
その時一緒にに配られたこのお楽しみ袋。。。
中身はこんな感じでした。
イメージ 2
富山の水、オレオビッツサンド、そしてクラッツ。。。
どうせ配るんならPremiumClassのANAオリジナルパッケージ作り続ければいいのに。。。
スナックは深夜ですし開封しなければ持ち帰れるのでね。。。
 
ドリンクサービスの後は機内販売が回ってきてその後消灯。
 
到着2時間前のサービス。
メニューの選択肢はありませんでした。。
イメージ 3
洋風チョイス
オレンジジュース
スープ
スクランブルエッグ ワッフル添え
フレッシュフルーツ
ブレッドロール
コーヒーまたは紅茶
 
というメニュー。
スープですが、PremiumClassで使用されている味噌汁の椀を使用していました。
わかめスープのスープのみって言う感じでした。
ワッフルの上にスクランブルエッグが乗っている感じでした。
 
そして復路のNH152
やはり離陸後ドリンクサービスで配られたお楽しみ袋。
イメージ 4
中身は
イメージ 5
富山の水とポテトチップス。そしてソフトクッキーですかね。。。
 
で、やはり到着2時間前に朝食サービス。
やはりメニューに選択肢はなく。。。
イメージ 6
ブレックファースト
オレンジジュース
スープ
オムレツ トマトソース 若鶏のソーセージ添え
フレッシュフルーツ
モーニングロール
コーヒーまたは紅茶
 
というメニューでした。
なんだかんだ食えてしまうんですよねぇ。。。
 
スナックバックの袋は何かと使えそうです。
(C)MMV-MMXIX itsuka AZUMIX/babbles.info
Privacy Policy